病気とワクチン接種について - ワクチンで防げる病気とワクチン接種について

ワクチン接種の必要性

ワンちゃんや猫ちゃんの伝染病・感染症は発症すると死亡率が高く、恐ろしい病気が多数あります。
伝染病や感染症は、動物同士の接触以外に、空気やホコリ、蚊などを媒介する場合があります。「室内で飼っているから大丈夫」と安心せず、定期的にワクチン接種をして病気の予防に努めましょう。
母親からもらった免疫は生後50~60日頃に切れてしまうので、生後45日~60日頃までにはワクチン接種をしましょう。

※ワクチンは初年度に犬は3回・猫は2回、接種が必要です。

ワクチンで防げる病気

病名症状
狂犬病感染動物に噛まれたり、なめられたりすることで、全哺乳類に感染します。発病すると100%死亡します。
神経が冒され、全身に痙攣があらわれて死に至ります。
年一回の接種が90日齢以上の全ての犬に義務付けられています。
犬ジステンバーウイルスにより消化器、呼吸器、目、歯、神経が冒され、下痢、鼻汁、目ヤニ、発熱、痙攣、肉球の硬化などがあらわれます。
死亡率が高く危険な病気です。
犬パルボウイルス感染症激しい嘔吐、下痢、血便などの症状が現れ、脱水症状やショックをおこして死亡する事もあります。
子犬では心筋が冒されて突然死することもあり、子犬の死亡理由No.1の伝染病です。
犬コロナウイルス腸炎を起こす伝染病で、下痢、嘔吐がおこります。
パルボウイルスと混合感染すると、症状は重症になります。
犬伝染性肝炎アデノウイルス1型による感染症で、元気や食欲が無くなり、嘔吐や下痢、発熱、肝炎による黄疸が見られ、目が白または青く濁ることもあります。
子犬では突然死することもある怖い病気です。
犬アデノウイルス2型感染症アデノウイルス2型による感染症で、肺炎、気管支炎、扁桃炎など、人の風邪のような呼吸器の症状を起こします。
犬パラインフルエンザ犬インフルエンザウイルスによる感染症で、犬が集団生活しているところで発生しやすく、軽いと自然に治りますが、治りにくい咳、鼻汁、扁桃炎、気管支炎など、人の風邪のような呼吸器の症状を起こします。
犬レプトスピラ症人にも感染する病気で、腎臓や肝臓が冒されます。
ネズミや感染した犬の尿が感染源となります。
発熱、元気がなく、食欲不振などの症状が見られます。
屋外で活動する犬ほど感染しやすいので、予防が必要です。

病名症状
猫ウイルス性鼻気管炎くしゃみや咳など風邪に似た症状を示す病気です。
空気感染だけでなく、目ヤニや鼻水などの分泌物と接触することにより感染します。
子猫が感染すると高い死亡率を示します。
猫汎白血球減少症著しい白血球の減少が見られ、致死率の高い病気です。
腸炎、嘔吐、下痢をおこして急死することもあります。
ウイルスは伝染力が強く、ホコリと共に運ばれるので、室内飼いの猫でも注意が必要です。
猫カリシウイルス感染症くしゃみや咳など風邪に似た症状が出ます。
ひどい時は、口や下に潰瘍や水泡ができ、食欲不振やヨダレが見られたり、肺炎を起こすこともあります。
子猫が感染すると高い死亡率を示します。
猫クラミジア症重度の結膜炎が主な症状の伝染病です。
目ヤニ、涙目、慢性肺炎、鼻炎、くしゃみ、咳、鼻水などの風邪に似た症状も見られます。
猫白血病ウイルス感染症白血病やリンパ腫をはじめ、様々な疾病を引き起こす恐ろしい感染症です。
ウイルスキャリアになることもありますが、発病すると1年以内に90%が死亡します。

寄生虫の予防と駆除

ワンちゃん猫ちゃんから人間に感染する寄生虫は数多く存在します。寄生虫疾患は時に命に関わるものもありますので、定期的な寄生虫の駆虫・予防をお勧めいたします。

フィラリア
(内部寄生虫の一種)
蚊に刺された時に、幼虫が体内に入って皮下や筋肉の中で成長し心臓に寄生します。
死に至る事もある恐ろしい病気で重度になると手術で治療するしかありません。
血液検査で簡単にわかるので、ワクチン接種の才に一緒に調べて予防してあげて下さい。
黒石市・浪岡地区では6月~11月の期間予防する必要があります。当院では錠剤・お菓子タイプ・注射タイプ・スポットタイプと各種フィラリア予防薬を取り揃えております。
ノミ・ダニ
(外部寄生虫)
ノミ・ダニが感染すると皮膚の強い痒み・炎症を引き起こすだけでなく、重度アレルギー症状を起こすことや瓜実条虫などのお腹の寄生虫が感染する場合もあります。
特に夏場の散歩中についてしまう事も多いので、耳の中、指の間、体毛の付け根など、こまめにチェックして定期的に駆除薬で予防しましょう。

当院でのワクチン接種

イヌ狂犬病ワクチン
6種・8種・9種・11種ワクチン
ネコ3種・5種・6種ワクチン
FIV(猫エイズ)ワクチン
フェレット6種ワクチン(イヌ用のものを使用します)
フィラリア予防

診療時間

日・祝
9:00~12:00
×
13:00~16:00
手術・往診
16:00~19:00
××

診療時間の詳細はこちら

ページの先頭へ
Copyright(c) Narita Animal Clinic KUROISHI All Right Reserved.